ROSSO REVIEW GOLF

〜ゴルフを楽しく人生を豊かに〜

クラブ ゴルフ

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425S / 試打レビュー (masdagolf studio wedge m425s)

 

柔らかい打感優しさを兼ね備えプレーヤーの多彩なテクニックにも応える万能ウエッジ!

 

 

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425S

 

m425s3

 

こんにちは寺田です。

 

前回はグースネックのM425を紹介して大絶賛しましたが今回のこのM425Sも驚きのウェッジです!

 

何が驚きかと言うと

軟鉄鍛造の柔らかい打感
キャビティ構造による優しさと寛容性
様々なテクニックに優しく応えてくれる
座りとアドレスのしやすさ

 

だと思います。

 

ではこのマスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sをじっくり打っていきたいと思います!

 

 

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sの外観

 

m425s4

 

外観ですが、今回はフィニッシュが1種類。

グースネックのM425の様に3種類ではありません。

このM425Sクロムサテンフィニッシュのみです。

 

ボディシェイプはクラシックなティアドロップ形状です。

 

m425s1

 

大きさはグースネックのM425よりは一回りちょい小さい

バックフェースはM425同様エグられていてキャビティ構造の様。

ストレートネックなのですがボールを包むと言うかしっかり捕まえてくれそうな雰囲気もあります。

 

m425s5

 

この辺は増田さんの経験技術絶妙な研磨があるんでしょうね!

多くのゴルファーは違和感なく構えられると思いますし、この顔が嫌なゴルファーは少ないと思います。

ソールはスタンダードなフラットソールにヒールとトゥを滑らかに落としたグラインド。

ウェッジのベンチマーク、タイトリスト・ボーケイで言うところのSグラインドとMグラインドのいいとこ取りの様なソール。

 

↑photo by masdagolf

ちなみにマスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sロフト角バンス

  • SW 58°(バンス14°)
  • AW 52°(バンス 7°)
  • P/A48°(バンス 5°)

となっております。

 

SWは結構バンスが付いてるなって印象です。

AWの7°なんかはバンス小さめの中では絶妙の角度ですよね!

(大手メーカーではあまり見ない7°)

 

 

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sを構えてみると

 

 

マスダゴルフ スタジオウェッジM425Sを構えてみると凄く”座り”がいいんですよね!

 

ピタっと収まります。

 

これはスクエアに構えた時も開いて構えた時も同じで自然にクラブを地面に置いていけます。

 

m425s6

↑開いて構えた時

ココもマスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sの不思議な所で、バンスは14°と多めに付いているにも関わらずまるでバンスが6〜8°ぐらいのウエッジの様にピタっとクラブを置けるんですよね!

 

これは本当ビックリしました!

ここもまた増田さんの技術なんでしょうね。

 

なので開いてロブを打ちにいく時もバンスが跳ねてボールがリーディングエッジに当たったりする様な悪いイメージが湧かないんですよね!

開いてアドレスした段階でボールの下にスッとクラブが入って抜けていく良いイメージが沸きます。

 

m425s2

↑開いて構えた時

良いイメージが湧くと必然的にロブショットもミスの確率が凄く減りますよね。

 

 

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sを打ってみて

 

打感が柔らかい!!

 

キャロウェイのX-FORGEDウエッジも相当柔らかいなって思いましたがマスダゴルフ スタジオウェッジ M425S柔らかいです!

 

1球打って

「軟鉄鍛造だなっ」

って分かる位の柔らかくボールがフェースに乗ってる時間が長く感じる打感です。

 

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sは素材に柔らかいS20C鍛造で作り上げている為この打感が得られるんでしょうね。

最近のウェッジは鋳造で作るのがほとんどですがこれは鍛造です!

 

スピンは当然の様に良くかかります

 

それとキャビティのせいなのか凄く寛容性と優しさがあります。

良くボールを拾ってくれミスしたとしてもミスを最小限にとどめてくれるウェッジです。

 

開いても閉じても上級者のテクニックにも応える操作性もありますし打ってて正直欠点が見当たりません

 

 

つまり…マスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sとは

 

冒頭に述べた通り

 

柔らかな打感と優しさ・寛容性を合わせ持ち操作性もある高機能ウェッジ!

 

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sの総評だと思います。

 

本当欠点がなくて打ちやすいので初心者からツアープロまでのゴルファーが使えるウェッジだと思います!

とにかくまだ打ってない方は打てばその完成度に驚きます!

 

結論こんなスーパークラブを作れるのは増田さんだからなんだろうなぁ〜。

 

 

マスダゴルフ スタジオウェッジ M425Sのお話

 

元々M425ウェッジ尾崎将司プロが増田さんに注文したのだとか。

その時の要望が

  1. 大きめのサイズ
  2. グースネック
  3. 軟鉄鍛造
  4. キャビティバック

だそうな。

 

そのM425ストレートネックバージョンがこのM425S

”S”はストレートのSなんですね。

 

グースネックも打ちやすいのですが市場のニーズはやはりストレートネックの要望が多かったらしく、ネック形状に合わせてシェイプ等もリアレンジして送り出したのがM425S。

 

リリースしてM425Sもヒットして、いまだに売れ続けるロングセラー品となったようですネ。

 

では良いゴルフギアライフを!

 

このブログでは人生に彩りと豊かさを添える大人のライフスタイルや趣味をテーマに綴っています。

主にゴルフの記事を取り扱っています。

カメラやガジェット、車の記事はこちらのサイトで→https://rosso-review.com

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ソムリエ寺田

JSA認定ソムリエ。 イタリア料理歴20年のハイブリッド料理人。 ゴルフ、サッカー、車、絵画やカメラ等にも深く精通しソムリエとして養われた感性から独自の観点のレビュー。

-クラブ, ゴルフ

Copyright© ROSSO REVIEW GOLF , 2022 All Rights Reserved.